• Parklingling

ドイツ・バロック歌曲〜チェンバロ弾きました♪〜

3/8のコンサート、すっかり日が経ってしまいましたが、私にとって重要なコンサートだったのでご報告を。

2017年12月にはイタリア初期バロックに挑戦しまして、本格的な通奏低音を体験しました。

師匠でもある古楽アンサンブル・アントネッロの濱田芳通さんにもご出演頂き、それはそれは素晴らしい演奏でサポートして頂きました。


今回は歌のみ、日本でメゾといえばこの方、加納悦子さんとの共演でした。

そして数曲、バロック・ヴァイオリンの杉田せつ子さんにも加わって頂き、三人の熟女(?笑)の競演となりました(聴衆談)。



加納さんとはもう数年来のお付き合いですが、実は共演は初めて。ドイツリートでなく、バロック音楽で初共演とは夢にも思っていませんでしたが、思えば最初の出会いはモンテヴェルディ 「ポッペアの戴冠」DVDで、加納さんが歌っているのを観たところからなので、もしかしたらこういうご縁だったのかもしれません。


プログラム前半はアルベルト、A.クリーガー、エルレバッハ、後半はテレマン。

後から知りましたが、テレマンと私、誕生日一緒なんです♪


今回学んだ最も重要な事は、とにかく和音をきちんと捉える、という事でした。

頭の表面ではわかっていましたが、脳髄までわかったという感じです。

この頭でわかる、というのが一番やっかいで、脳髄でわかってみると、表面でわかったと思ってた事が、ああこの事か、と本当にわかる、といった具合です。

結局わかってなかった、という事です…


また近く演奏できる機会が出来るように頑張って参ります!


この様な機会を下さった加納悦子さんに心から感謝申し上げます。加納さんとは7/6に、今度はシューマンを共演します。


終演後の写真



​© 2019 Parklingling

Photo by Yoshinobu Fukaya(aura2)

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン